野呂のレッド

世間から見ると、看護師は比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など辛いことも多いですが、別の業種の給料と比較してみると安定的に待遇が良いのが看護師の特徴だと言えるでしょう。また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。こうした安定性と給与の高さから見ると、看護師はメリットの多い職業だと言えます。病院の統廃合続きにより、看護師の不足が浮き彫りとなっています。日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患にも応じなければならないので、たくさんの看護師がとても大変な思いをしているという現実があります。少しずつ看護師を志す男性も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、ストレスに悩まされたり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる看護師も多いという事実は分からなくはない話です。皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。そうはいっても、近頃では看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのはちょっとさみしくも感じられますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと地位が高くなっていきます。階級として、婦長などは誰でも知っている役職ですが、他にも役職があるのです。昨今の看護師不足の影響で、看護学生やパートの看護師も少なくありませんので、正看護師もそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。看護師というものは特殊な仕事と認識されることが多いですが、やっぱり、雇用者から労働者の権利を守る団体が存在しないと下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。看護師がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、雇用する側の人達が考慮することが大事だというのは当然の事実です。交代勤務を代表に多くの仕事がある看護師ですが、特に油断できない仕事が申し送りです。入院中の患者さんについての状態を全て理解して、責任を持って交代する看護師に伝える必要があります。それほど重要でない情報もありますが、病状や処置に関する情報については間違いがないよう、慎重になる必要があります。初めて看護師の就職先を探してみても見つからず、上手くいかない場合は、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。求人において年齢についての制限を載せていない場合も、事情によっては病院側が独自に採用の年齢をあらかじめ決めている場合もあります。例えば、未経験で30代以上の方が初めて看護師として働くといった場合では相当な努力が必要になると思います。看護師がどんな風に思われているかというと、別名「白衣の天使」ということからも大体の場合には、好印象を持つ人が大半でしょう。しかしながら、実際の看護師の働き方を見てみると、収入としては決して少なくはありませんが、なかには夜勤や長時間残業の看護師も多くいるのです。良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、看護師が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、看護部長の仕事をサポートしたり、看護師たちを指導する等、一般的には課長の役職に近いと言えます。課長職といっても年収も中小企業と大企業では全く違うのと同様に、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。そのほかにも、公立病院と民間病院ではまた違いますし、病院がある地域が年収に影響していることもあります。ちなみに、最高額の年収と思われる公立病院に勤めるケースでは、大体750万円くらいになると想定されます。24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、ほとんどの場合、病棟に多くの看護師が必要になるので、経験を積む上でもシフト勤務は避けて通れないと思います。妻の話ですが、看護師で、子供が幼い時にシフトで働いていました。ですから、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず大変でした。不安を抱えた患者が安心して治療を受けられるよう、看護師は服装や髪形など、外見を整えておくことが必要になります。女性の看護師の場合、派手な化粧はなるだけ控えておいて、広い世代に好印象になるナチュラルメイクにしておくのが相応しいと思います。ノーメイクとも違いますから、患者に与える印象も良くなるでしょう。看護師の場合は安定していると思われることが多く、借り入れをしようとしている場合にもどちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。ですが、非常勤で勤務している看護師の方など、不安定な雇用状態の場合には必ずしもそうであるとは言えません。ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは正規の職員として雇用されている安定した勤務形態で働いている看護師について言えることなので、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。卒業後、看護師の受験資格を取得できる機関には医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。大学の特色は何かというと最先端医療に関して等、より深く学ぶことができることとより幅広く知識を修得できるということでしょう。その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。専門学校では、実習など現場に即した内容が多いので、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。その他、学費に関してもなんと大学の学費の十分の一程度です。殆どの看護師に共通する悩みといえば、交代勤務などで休日が不規則になることです。平日が休みになってしまっては、デートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの辛さがあるようです。または、昨今の看護師不足の影響から休みが取れないということも珍しくありません。規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。看護師に階級があるのをご存知ですか?トップに位置するのは、病院によっても違いますが、多くの場合は総看護師長や看護部長と呼ばれている人たちです。実際に階級を上げるためには、その病院での勤務を長くするなど、周囲の信頼を得ることが重要です。当然ですが、階級が高い程、より多くの給料を受け取れるはずです。看護師でも公務員になれることをご存知ですか?それは勤務先を国公立の病院にすることです。本来、職業としての看護師が専門的な知識が求められ、長期間働ける業種で希望者が多いのですが、加えて公務員に準じたメリットがつけば安定性は確実です。安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は何よりも魅力的だと思います。転職の際には、ご存じのとおり、たとえ看護師であっても履歴書の持参が必要ですが、気を付けなければならないことがあります。注意すべきこと、それは履歴書の項目の中でも特に大事な志望した動機について、どのように表記するかということになります。具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、「ステップアップすることが出来そうだから」とか身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというような見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。普通、看護師の職場と言えば病院ですが、実際は多種多様なものがあり、様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。他にも、介護施設や保育園に看護師が常駐しているケースがあります。会社によって給料が変わるもので、当然ながら、看護師の場合も同じでしょう。大きな総合病院と町医者を比較すれば、収入は違ったものになるでしょう。これらの事を考慮すると、一般的な看護師の平均年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。以前は看護師は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、ここ数年の間に男性が看護師として働くケースも珍しくなくなってきました。実際の看護の現場では、患者を移動させる時やお風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、男性看護師の活躍する場面は多々あります。年収については、女性の場合と一緒ですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでその分、キャリアアップできる機会も多くなります。一般的に見て、看護師の給料というものは良いですが、内実は夜勤手当があることによって給与が増えているという状態です。たとえばナースとして働いて、給料は良い方がいい、というのであればどこで働くか考える時、日勤のみではなくてハードにはなりますが、夜勤帯の勤務が出来る勤め先を探しましょう。この夜勤があるかどうかによって貰える給料が大きく異なってきます。離職率が高い職業として看護師が有名ですが、転職率も同じように高い傾向があります。そうした傾向を踏まえ、看護師専門の転職サイトなるものが多くあります。このような転職サイトを活用すれば、時間をかけずに希望する条件にあった求人を見付けられる可能性が上がるので、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の看護師にぜひ利用してもらいたいです。複数の転職サイトをランク付けしているサイトがあるので、こちらも併用すると、さらに有利に転職を進めることが出来ます。ここのところ、看護師不足の傾向にあると考えられています。かつて看護師資格を取得したけれど、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。看護師の不足の要因はというと看護師の離職率が高いということが大きいと思います。実際の離職率はどのくらいなのでしょう。なんと、常勤看護師で約11%にも上るのです。職場の大半を女性が占めており、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。病院で看護師として働く場合、働く時間が規則的でないことやキツい仕事だということも原因となり、他の仕事に移る人も結構いるということですが、実をいうと、看護師の資格を持っているとそれ以外の職場にとっても有益であるケースが多いのです。例として、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。普通、注射や採血は看護師が行うものです。注射や採血を好む人は少ないと思いますが、注射されるなら出来るだけ痛くないように注射してもらいたいですよね。ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、上手に刺してくれる人もいれば、上手でない看護師にあたる事も珍しいことでありません。たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。どうしても、看護師という職業においては好んで煙草を吸う人が減っているように思います。実際のところ、そのイメージ通りに喫煙率は平均より少ないようですね。病気の患者と接する職業上、煙や臭いで不快な思いをさせないように、自主的に禁煙している人が増えていることが想像できますね。看護師が活躍できる場所は、病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでも看護師の働けるところは十分にあります。こういったグループホームに入所している方は、基本的に認知症の方ばかりなので、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。特に介護関連に興味があるという場合は、グループホームへ勤務することもいいのではないでしょうか。看護師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、子供がいる看護師にしてみれば大きな不安要素となり得ます。小学生になる前の子供だったら、24時間保育を行っている保育所の利用や院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。ですので、パートで働く形に変えていくという看護師も少なからずいます。看護師だった知人は、病気を治療するためいったん退職しました。でも、病気を治したらすぐに現場に戻り、病院で看護師としての仕事を続けているのです。空白期間が出来ても、役に立つ資格があったら早々に復帰できますね。私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。一口に看護師と言っても、勤めている科が違えば、看護師の仕事やケアなど、看護の方法が違います。それまでの配属部署以外の部署で研修するローテーション研修では、ひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、多くの意見を参考にしながら知識を深められるでしょう。看護師としての今後を思い描くことに繋がりますし、新人看護師の意欲も上げられると言われています。昨今の看護師不足は社会問題に繋がっています。代表的な要因として看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。法改正によって、医師の仕事を看護師が担当できるようになったため看護師一人にかかる仕事量が増加し、労働時間も長くなりますから、休みを取るのも困難なのです。交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、職を辞する人も多いのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク