鈴木淳だけど純一

夜勤を含めた交代勤務が必須など看護師の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、中でも気を抜けないのが、申し送りの仕事でしょう。入院患者の健康状態や薬の管理までをすべて理解し、責任を持って交代する看護師に伝え、スムーズに看護業務を行えるようにしなくてはなりません。伝言で済むものもありますが、医療的に重要な処置等に関しての申し送りは間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、病院に勤務する看護師があります。外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、一般的には病棟の方が必要な看護師も多いので、まだ経験が浅ければ、ほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。妻がまだ子供が小さかった時に看護師としてシフトに入っていたために、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって困った事を覚えています。外科勤務の看護師の、考えられる良い側面と良くない側面を説明しましょう。まず、手術前の患者や手術が終わった後の患者の看護を通して、とても勉強になります。良くない面を挙げると、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長い間落ち着いて患者の看護を実践するのが難しいことです。看護師試験合格に向けて学ぶ場所として大学と専門学校という二つがあります。それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。最先端の医療について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と医療以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。他方、専門学校に関しては、実習など現場に即した内容が多いので、そういった経験を生かして即戦力になれます。また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについても専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師は看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の看護師がほとんどでした。しかし今日では看護師という名前も定着して、男性の看護師も珍しくなくなりました。実際に看護師に必要な適性を考慮しても、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。女性的な優しさも大切ですが、体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。多くの看護師は、病気を患っている患者やその家族と接する場合が多いので、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに注意しておきましょう。いち看護師として、病院内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、清潔感を第一にすることが良いでしょう。また、病院によっては、看護師の髪形に対するルールが違うことを理解しておきましょう。一般的に、看護師が持つ悩みに多いものと言えば、勤めている職場の人間関係の問題や不規則な勤務形態です。看護師の中には女性が多く、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場も少なくないのです。勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。あまりにも問題の多い職場ならば、心機一転で転職し、人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのもアリだと思います。国外で医療的な支援を求めている人々に、日本の医療を提供できたらという思いを抱える看護師の人も少なくないでしょう。海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、看護師は常に求められているのです。海外においては医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、医学的な英会話ができる事が最低条件になります。もし、海外で看護師として活躍しようと思うのならば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。総合病院から介護施設まで看護師は様々な場所で求人がありますが、看護師が働く現場として保育園があることを知っていますか?職場が保育園となると、育児の経験があったり子供の世話が好きな方はおススメの職場だと言えますね。保育園でどのような仕事をするかと言うと、園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする大切なものです。普通、看護師としてキャリアを積んでいくと出世していきます。階級として、婦長などは誰でも知っている役職ですが、また別に主任などの役職があるのです。昨今の看護師不足の影響で、看護学生やパートの看護師も少なくありませんので、資格を持った正看護師という地位も階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。一般的に、看護師という職業は高収入だというイメージが強いです。医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的などハードな職業ですが、収入に面に注目すれば、他の職業より安定的に待遇が良いのが見て取れます。安定性といえば、看護師という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。これらの高給や安定性を重視するならば看護師を選ばない理由はないでしょう。看護師は良い給料をもらってはいますが、詳しく見てみるとどちらかというと、夜勤手当に依るところが大きく、その結果、給与が増えているという状態です。ですから看護師としてより多く稼ぎたければ、日勤しかない職場に勤務するよりも夜勤がある勤務先を選択してください。この夜勤があるかどうかによってかなり手取りが左右されます。一般的に、看護師は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、絶対に夜勤が必要になる職業です。夜勤の時間帯については、勤める病院が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。2交代勤務の場合、勤務時間が17時間近くなります。対する3交代勤務の夜勤では夜勤の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。就職先として考えている病院がどういった交代勤務を採用しているのか早めに調べた上で検討することをおススメします。私の知人は看護師として病院で働いていたのですが、病気を治療するためいったん退職しました。でも、病気を治したら早めに復職して看護師として今も病院で働いています。数か月間、仕事から離れていても、役に立つ資格があったら復帰も早いと思います。私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。夜勤で心身に悪影響が及ぶような場合、日勤のみが可能な職場もあります。重要なポイントとして、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、夜勤で働く看護師と比べて収入が減ってしまう事があります。将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも今の職場を離れるかどうかを考えてみましょう。殆どの看護師に共通する悩みといえば、3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日に友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるというケースが多いようです。または、昨今の看護師不足の影響から労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。規則的な勤務形態で働きたいと考えた場合、たとえば、日勤のみの勤務が可能な病院の求人を探してみるなど、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。看護師になろうと思っていました。でも、事情があって就職を選んで会社員としてしばらく働きました。ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するという事も出来ますが、ちゃんとした資格を取得して看護師として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。この方法で看護師の夢を叶えたいです。笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、男性から人気が高い看護師が、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。実際に、看護師が結婚した年齢を調査してみると全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が言えるようです。挙げられる理由としては出会いが無かったり、地位を上げるために結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。離職率が高い職業として看護師が有名ですが、転職率も同じように高い傾向があります。ですので、看護師だけを対象にした転職サイトなども多種多様に存在しています。このような転職サイトを活用すれば、手際よく自分の希望する条件の求人を探せますから、十分な時間を取れない現役の看護師に最適です。たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを参考にしてみるのが良いでしょう。あなたは「看護師」と聞くとどのような印象を受けますか?よく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、大体の場合には、好意的な印象を与える仕事であると思います。ただ、看護師の現状はというと、給料としてはまあまあもらえてはいるようですが、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている看護師も少なくないのです。プラス面だけに着目せずに、本質的に看護師の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。病院で看護師として働く場合、勤務時間が一定でないことに加え、キツい仕事だということも原因となり、違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、看護師の資格を持っているということは意外とその他の仕事でも有益であるケースが多いのです。考えられるのは体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。今日のところ、日本では経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る「外国人看護師候補生」というものの受け入れを推進しています。しかしながら、日本語で作製された看護師の国家試験を受験し、3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には自国に帰らなければならないのです。病院などで就労や研修を行いながら、日本語を学習し、それに加えて、看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、とても大変だというのが現状です。看護師資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。実際にはどれほどの難しさなのでしょうか。看護師国家試験の受験生の合格率ですが、毎年90%前後ですから、決して低くありません。試験そのものも、それまでの学校生活でしっかりと勉強していればそれほど苦労なく合格できるものですから、これといって高難度な資格ではありません。一口に看護師と言っても、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術やケアなど、看護の方法が違います。配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修はひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、多くの意見を参考にしながらさまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。今後の進路を考える事もできますから、看護師としてのやる気も湧いてきます。病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。患者に不信感を与えないためにも、病院に勤める看護師は見た目にも注意することが重要です。メイクをする女性の場合、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが相応しいと思います。素顔の時ともまた違っているので、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象がガラッと変わると思います。看護師の場合は安定していると思われることが多く、もし、ローンを組もうとすることがあったとしても、往々にして、簡単に審査に通りがちです。けれども、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない看護師については注意しなければなりません。簡単にローンを組めるのは正規職員として勤務している安定している看護師に限って言えることであり、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。看護師の職は特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、とはいえ、労働者の権利を訴えるような組織がなければ雇用条件において不利になることも生じて、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。看護師というものはストライキをすることも難しく、雇う側の立場の人間が、ちゃんと考えてくれることが重要だということは言うまでもありません。看護師として働く人は女の人が多いので、結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多く比較的離職率が高い職業です。加えて、勤務する時間が不規則だったり、過酷な労働環境だということも相まって、最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。近頃は、ますます看護師は不足気味です。看護師の免許を持っていても、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。このように看護師が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。それは看護師は離職率が高いという現実に起因するものだと思います。常勤看護師のケースでは、離職率が11%を超えています。女性の割合が多い仕事なので、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。看護師の資格を取得するには主に二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。カリキュラムの内容に大きな違いはありませんが大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。他方、専門学校の利点は何でしょうか。それは、学費が大学に比べて安いということと実習に多くの時間を割き、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク