メントスで播磨

蟹のシーズンは冬というイメージがありますが、蟹って実は好きな時期に漁をすることはできず、省令で定められる解禁日に従って漁をしなければなりません。無秩序な乱獲を防ぐためにも、蟹の解禁日がおおむね秋頃に設定されており、その日になるまでは蟹漁をしない仕組みが整備されています。蟹の旬を逃さないためには、解禁日がいつ頃になるのか、ちゃんと調べておくことこそが肝要と言えるでしょう。美味い蟹を食したい、そんな時どうしたらいいかというと、店頭あるいは通販で入手する方法のほか、温泉地へ出向くという方法があります。絶品の蟹がウリの温泉地もあるからです。蟹が獲れる場所からほど近いところにある温泉地であれば、旬の時期には温泉だけでなく蟹の味覚も楽しめることと思います。ただ注意すべきことは、温泉は季節を問わず入れますが、蟹には時期があるので旬に合わせて行くようにしましょう。蟹通販で蟹を取り寄せるなら、茹で蟹と活蟹のどちらを買うのがいいのかと迷う方もいるかもしれませんが、結局はどういう食べ方をしたいかによって違います。蟹鍋はポピュラーな食べ方の一つですが、それなら殻剥きの手間などがない、ボイル済のポーションタイプが最適といえます。一方、蟹しゃぶで召し上がりたい場合、生冷凍か活蟹を選択するのが最も美味しく味わえます。このように、調理法に応じて最適の商品を選択すれば、商品数が多く安価だという蟹通販の利点を100%活かせます。蟹の種類の一つである渡り蟹。正式名をガザミという、内湾に生息する大型の蟹で、主に内湾を抱える地域、例えば瀬戸内海や有明海、大阪湾、伊勢湾などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。15センチから30センチほどにもなる大きな甲羅を持つ蟹で、身肉や蟹ミソに加え、秋から冬にかけてはメスの卵巣も美味として知られ、特に瀬戸内海では蟹といえばガザミ(渡り蟹)を指すほど代表的な蟹です。調理法としては、塩茹でや蒸し蟹などにするのが古くから最も一般的とされましたが、味噌汁からパスタの具材、韓国料理に至るまで、使い道は多岐にわたります。自宅で専門店並の蟹を味わいたい方は、ネットを通じて蟹を取り寄せることができる、蟹通販がオススメですよ。私も蟹通販はよく利用しています。蟹通販では、各地で水揚げされた新鮮な蟹をお取り寄せする形で手軽に購入できます。各地で獲れたばかりの新鮮な蟹を家族で楽しむことができる。それが、蟹通販の良いところです。お分かり頂けるでしょうか。それだけではありません。ワケアリの蟹を購入すれば、店頭で買うよりずっと安く、美味しい蟹を味わうことができます。もし間違った選び方をすると蟹の元々の良さを味わうことができません。蟹を美味しく食べるには、選択方法を心得ておくのがポイントです。選び方は、タラバ蟹の場合、調べるべきことは重さがどうなのかで、最も重要な点です。そして、綺麗な甲羅は避けて、汚れており、かつ硬いもの、これがいいです。賢く使えば大変便利な蟹通販。しかし、もちろん欠点もあります。それは、手元に届くまで商品を見ることができない点であるといえます。普通の店なら、蟹の具合を見て買える上、店頭で味見ができる場合もよくあります。また、お店によって塩加減なども千差万別なので、美味しいなと感じたお店を探すことも出来ます。しかし、通販ではそれはできません。蟹通販は確かに手軽で安価ですが、一方では実店舗にしかないメリットもあるのです。テレビの通販番組でも蟹はよく出ています。それを見て蟹通販に魅力を感じた方もいるでしょう。しかし、今はせっかくネットもあるのですから、もっと安く、あるいは同じ値段でもっといい蟹を買えないか調べてからでも遅くはないですよね。テレビの通販がいくらお得だといっても、WEB通販の方がさらにお得に蟹を買えることが多いから。この一点に尽きるといえます。ただし、WEB通販には詐欺やトラブルのリスクが付いて回るので、気になる方はネットよりもテレビの通販番組で蟹を購入したほうがあれこれ気にしなくて済むので良いかもしれませんね。ウチの旦那は昔から蟹が大好きで、シーズンのたびに通販で蟹を注文しては、ほとんど全てを一人で食べてしまうくらいですから、よほどの「蟹通」です。だけど、子供も大きくなってきましたし、できれば家族皆で美味しい蟹に舌鼓を打ちたいものです。そんな我が家では、ポーションタイプの蟹が最近のブームです。ポーションタイプとは、殻を取り除いた蟹の足の詰め合わせであり、家族で蟹鍋や蟹しゃぶをしたいときにも面倒な手間がかからないので大変便利です。殻があると子供に食べさせるのは大変ですが、ポーションタイプなら簡単に楽しめます。大人も子供もハッピーですね。蟹通販は便利なものですよね。ですが、せっかく取り寄せた蟹を美味しく頂くには、調理の部分で手を抜くわけにはいきません。蟹の代表的な食べ方といえば茹で蟹ですから、その際の鉄則の知識があるか否かで全てが決まると言ってもよいでしょう。では、そのコツとは何か。それは、単純なようで大事なことですが、大きな鍋を使うことなのです。蟹全体がしっかりお湯をかぶるようにして茹でれば、美味しい茹で蟹が簡単にできます。蟹通販が便利になった今では、以前にもまして、知り合いや家族に蟹をお歳暮で贈りたいという需要も増えてきたのではないでしょうか。しかし、考えなしに送るのは危険です。何より新鮮さが落ちてしまうと、美味しさも損なわれてしまいますし、場合によっては、お腹を壊してしまうケースも考えられるのです。そうしたリスクを回避するには、商品の取り扱いがちゃんとしている店を選ばなければなりません。相手が留守にしそうな時間がわかっている場合、そこを避けて発送するようにするべきですね。高級とされるブランド蟹にも多くの種類があり、それぞれ味わいが異なるので、蟹を食べなれていない方は、特定の蟹にこだわらず、色々食べ比べてみましょう。蟹の中でも最もポピュラーなものとしては、山陰や福井県が名産地として知られる、ズワイ蟹です。この蟹の特徴としては、身には強い甘みがあり、蟹のもう一つの醍醐味であるミソも、濃厚で美味しいのです。他の蟹と比べると甲羅のサイズは小さく、表面がツルツルしているのがズワイ蟹の特徴のひとつといえます。蟹には色々な種類がありますが、最近人気の蟹の一つに花咲蟹があります。皆さんはご存知でしょうか。ハート形に似た甲羅を持つこの花咲蟹は、道東は根室や釧路でのみ漁獲される蟹であり、そのコクのある味わいは上品で食通好みです。花咲蟹の肉は太いですが、意外なほどの柔らかさもあり、タラバガニよりやや小さいとはいえ、大型で身のたっぷり詰まった蟹です。夏に入る7月頃から、秋に入る9月頃までが旬であるとされますが、漁獲期間が短いのでなかなか手に入りません。安価でカニを食べるには、あなたはどうすればいいと思いますか?皆さんは総じて「そりゃスーパーに売ってある蟹が一番安いに決まってる」とおっしゃるかもしれません。しかし、「もっと安く蟹を買いたい!」という方もいるでしょう。安心してください、よりお得に蟹が食べられる方法があるのです!「どうすればいいの?」皆さん気になるでしょう。それは何かと言いますと、購入手段として通販を通して買うことで、カニを最も安く手に入れることができます。こちらの方法なら、やや見た目は悪くても、カニを安く購入することが可能です。活蟹をさばくのにはコツがいります。以下の点に気をつけてください。はじめに、まな板の上で蟹のお腹側を上に向けます。そして、腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。続いて、腹の切れ目を中心に、足を甲羅から取り外します。胴の内側のエラや薄い膜は食べられないので、指で外しておきます。蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。ここまでで形になりました。最後に、調理バサミや包丁で脚を切り、蟹スプーンなどで身をすくいやすくするため、表面に切れ目を入れるという手順です。慣れれば早くさばけるようになりますよ。贅沢品といえば何といっても蟹。私も蟹は大好きで、蟹通販をよく利用しています。ですが、通販ならではの注意点もあるので説明します。蟹通販を利用する場合には、蟹の量が何キロになるのか、何杯分になるのかは確かめておくべきです。業者に量をゴマカされてからでは遅いです。そして、ある意味それ以上に気をつけなければならないのが解凍です。解凍にはコツがあります。何より、時間をかけて十分慎重に行うことが大事です。急いで解凍すると、せっかくの蟹も旨みが抜けて台無しです。「お得に蟹を食べたい」、そう思う人は多いでしょう。それには、日帰りの蟹食べ放題ツアーという方法があります。これがおすすめです!その根拠は、もしこうして蟹を食べたとしたら、普段通り蟹を買い、そして自宅で食べる、というような方法をとった時よりも蟹を食べるのに確実にお得な方法だからです。それに加えて、蟹が美味しく食べられるところで行われることが多いツアーであるので値段や量に加えて、質の良さも申し分ないはずです。これからの季節が美味しい蟹。さて、蟹にも種類や呼び方が色々あります。それぞれに味が違い、個人によって好みも分かれますから、蟹通販の利用をご検討されている方は、種類の違い、それぞれの特徴を押さえておくことを大事にしたいものです。中でも売れ筋の蟹といえば、タラバガニ、ズワイガニなどです。この二つは私もお勧めです。蟹を選ぶ際には、大きさや新鮮さに注目する人が多いようです。蟹通販は便利だとよく言われますが、その一番の利点だと多くの方が口を揃えるのは、どこに住んでいようとも、蟹の名産地から新鮮な蟹を手間をかけずに購入できることでしょうね。対してスーパーなどの場合、様々なルートを通っている分、なかなか「産地直送」とはいかず、新鮮さという点では大幅にマイナスです。お店の方が良くないというのは意外な結論かもしれませんが、新鮮さを求めるなら通販を利用して、漁場から直接蟹を取り寄せるのが最適の手段なのです。現在、ネットには数多くの蟹通販の業者が出店しており、活蟹や冷凍のポーションタイプなど、様々な形で蟹を購入できます。とはいえ、通販ゆえの注意点もあります。何より実物が見られませんから、どう選べばいいか分からない方もいるでしょう。そんなときには、レビューに一通り目を通しておけば、リスクは抑えられます。さて、レビューを見る際に注意するべきは、サクラやヤラセに引っかからないようにすることです。わかりやすいのは、レビューの件数が少ないにもかかわらず、悪い評価がほぼなく、好評価ばかりが不自然なほど多ければ、とりあえずサクラだと思っておけばいいでしょう。買ってもいない蟹が突然家に送られてくる。それが蟹通販詐欺と呼ばれる手法です。自分は覚えがないが、家族が頼んだのかと思い、代引きでも多くの人はその場でお金を払ってしまうと聞きます。きっぱり断ってもいいのですが、他の詐欺の手口と比べれば金額も圧倒的に少ないですし、ひとまず蟹は手に入ったのだからいいかと思ってそのまま泣き寝入りしてしまう人も少なくないようです。少しでも変だなと思う荷物が来たときには、うかつに支払いに応じないようにしたいものですね。ネット通販が全盛の現代では、蟹通販を利用すれば各地の漁場から自宅まで直接蟹を届けてもらうことができます。ですが、蟹通販業者は今ではどんどん増えてきましたので、どの業者がいいか、なかなか初めての人には判りづらいですよね。そんな方にお勧めなのが人気ランキングです。これを見れば、よく利用されている蟹通販業者が見て取れます。こうした人気ランキングは信用できるので、上位の業者のよく買われている商品を選ぶのがいいでしょう。そうすれば、まずハズレを引くことはありません。ちょっと贅沢して蟹を買おう!そんな時には気を付けるべきこと、それは選び方です。蟹の種類によりけりで、違った選び方をする必要があります。蟹の中でも、ズワイ蟹を買う際には見るポイント、それは腹側です。白い腹をしているズワイ蟹は選ばないようにして、選ぶのに重要なのはアメ色のものを選択することです。その他にも、いいものは甲羅が硬いです。蟹通販はお得な一面が強いですが、皆さんが気にしている点と言えば、本当に新鮮な蟹が届くのかということでしょう。蟹通販を利用したことがなければ、なんだか鮮度が悪いように思うのでしょうか。しかし、その印象はズレています。実際のところは、蟹通販の蟹は十分に新鮮だといえます。蟹通販は漁港から直送である分、スーパーなどの店頭に並んでいる蟹と比べても鮮度が落ちないまま自宅まで届けられるのです。蟹の魅力を最も味わい尽くせる食べ方は、まず蟹鍋、そして茹で蟹でしょう。私の周りの蟹好きな人達も声を揃えます。新鮮な蟹なら蟹しゃぶや刺身もいいですが、水揚げ直後の新鮮な状態でなければあまり美味しくないのです。蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。それならそこまで新鮮ではない蟹でも美味しく頂くことができます。塩ゆではシンプルな調理なので、そのままでは口に合わないかもしれませんが、定番の土佐酢はもちろん、醤油やポン酢など付けるものを工夫すれば専門店さながらの味を楽しめるのでお勧めです。通信販売で蟹を購入した経験をお持ちである方も多くいらっしゃると思います。しかし、生鮮食品を通販で取り寄せるというスタイルに関しては、イマイチ信じきれない方もいるでしょう。少しばかり昔なら、通販は店頭販売より一段劣るものといわれ、通販で良い蟹が買えるという話はほぼ有り得ないものとされていましたね。ですが、ネットが広まった今では、店頭で買うのに劣らないグレードの蟹を通信販売で扱う店舗が増えてきたのです。ネットで検索するとたくさんの業者が蟹通販をやっていますが、安心感で言うなら、なんといっても楽天市場の利用がお勧めです。楽天市場はその規模と信用性が最大の強みです。ここなら、通販ならではの不信感を感じる必要もなくなると思います。他のサイトとは違って、楽天市場というのはそのくらい信用できるといえます。楽天市場ならば、少なくとも商品を注文したのに届かなかったなどという事態は考慮に入れなくてよいでしょう。蟹の旬がいよいよですね。私が毎年心待ちにしている季節です。旬の蟹を食べ尽くすため、北海道に旅行するのが、ここ数年の習慣になっているのです。北海道は蟹のメッカ。中でもお気に入りのお店は、私の知り合いの人がオーナーでもある、函館にある蟹専門店です。蟹の刺身、焼き蟹、茹で蟹、蟹しゃぶなど、美味しい蟹料理が、これでもかとばかりに出てきます。今年も既に予約を入れており、今から心待ちにしています。ブランド蟹にもたくさんの種類がありますが、私のお勧めは有名なズワイガニです。蟹本来の旨味や、繊細な味わいに優れています。このズワイガニの魅力を知った人は、他の種類の蟹はもう食べる気をなくしてしまうかもしれませんね。ズワイガニは、さらに産地によって越前ガニや松葉ガニなどのブランドに分かれますが、識別のため、脚にタグが付けられています。このタグというのは、ブランド蟹の品質保証のために付けられています。蟹の購入で失敗しないためにも、商品を選ぶ際にはタグを確認すればいいのだということを知っておきましょう。グルメの代表である蟹は、新鮮でジューシーな脚の肉が絶品ですが、蟹ミソも美味しく味わいたいものです。蟹ミソの旨さを味わい尽くせる蟹というのも好みに応じて様々ですが、蟹の中でも毛ガニが一番のオススメです。毛ガニのミソは甘くクリーミーな味わいで知られ、新鮮な蟹なら蟹らしい濃厚な味わいを堪能できます。私のオススメの食べ方は、脚肉をほぐしてミソとあえるというもの。ついつい普段よりもお酒が進みますね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク