石丸だけどエロンガータピラニア

業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん看護師の世界にも存在します。例えば、「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。何のことか見当がつきますか?食事をとってきます、と他の勤務中の看護師に伝えるための暗号として普段から使用されているようです。そもそもエッセンとは、というと、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。一昔前、医療の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、そんな習慣が業界用語として残っているのです。ともあれ今の時代の看護師も、よく使う業界用語です。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、医療機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、看護師はさらに忙しくなっていきます。お世辞にも良いとは言えない労働環境で、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死に至った看護師もいました。きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、病院を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。看護師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、忙しさのあまりに看護師の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。なお、看護師という職についていると、ずっと医療現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、自分自身の身体や健康についてもわかるようになったりするようです。給料についてですが、看護師の場合は個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、国立や公立の医療機関の場合は、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。他方で個人病院の状況を見てみますと、個々の病院によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、病院のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立病院で、あとは病院によるようです。免許が必要な専門職である看護師は求人が途切れるようなことはありません。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。近年においては、ウェブ上のサービスとして求人サイト、それも看護師専門のものがかなりの数があるのです。なので、活用しつつ、自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。看護師を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、時間通りに帰れないということはよくあるのです。しかし、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。さっきまで愚痴っていた人が突然笑顔になるのです。考えようによっては看護師は女優みたいなものだと思います。そこそこ昔のことではあるものの、看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風に広く考えらえていた節があります。しかしながら、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、看護師はそれに相当する給金の獲得が可能であることを、知らない人はあまりいないはずです。イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。看護師の給料と言えば、家の屋台骨として充分に、家族が食べていけるようにできる程です。要するに看護師は高給を得られる仕事であるのは確実です。看護師と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、必要とされる度合いがとても高いですし、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。病棟のある病院では当然、24時間体制ですから、そこで働く看護師も24時間不在の時間があってはなりません。なので、日勤業務と夜勤業務に分けられて交代制を採っています。夜勤のある仕事ではどうしても、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。看護の仕事を行なう上で、特に大事で外せない業務として、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。担当している患者さんの変化や状態、その他の情報や、業務を行なう上で必要な事柄をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて説明を行います。患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話す努力が必要です。あまり時間をかけず、要領よくこなすということも重要な点になるでしょう。看護師としての働き方はいろいろあります。正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。時給がどのくらいなのかというと昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのがパート看護師の時給としての相場です。これを単純にパートの時給とみると高い時給だと一見思えるかもしれませんが、医療機関で働く専門職ですし、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、あまり良い時給ではないのかもしれません。スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといったものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、実地に経験していくしかない、ということです。人によっては、看護師としてのレベルをもっと上げたい、として転職を希望する場合があります。救急や最先端の医療を行なう大きな病院などでさらに能力をアップさせたいと願う、チャレンジ精神からきた動機です。病院勤務で看護師として働く場合、大きく外来勤務か病棟勤務に分かれますが、仕事内容はかなり異なります。なので、病棟勤務の経験しかないのであれば、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、それを活用できる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。なので、夜勤を希望したいと言っておけば、24時間体制が基本の病棟で、勤務することになるでしょう。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、ここ数年でどんどん医療機関を利用する人口が増加しています。ですから当然、医療機関で働く看護師もどれだけいても足りないという程、実際には、人手不足が深刻です。しかし、人材が不足している、ということはつまり、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、看護師は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるという利点を挙げることができます。新卒ですぐに勤めた病院では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には看護師しかないようなので、別の病院で働こう、と転職を心に決めました。そこではたと困ってしまったことがあります。情けないですが、履歴書をどう書いたらいいかがわかりませんでした。ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだといやでも思い知らされた出来事でした。「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。漢字で書いてみるとこの二つになります。昔は看護士というと男性のことで女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。でも、2001年に法律が変わったことを契機として、男女とも使える看護師という呼び方にまとめられることになったわけです。言うまでもなく、看護師の仕事というのはきついものであり、辛いと感じることも多いでしょう。二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、看護師の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないとどうしようもなく疲労を溜めてしまい、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。そして、ようやく「少し無理をしているのかも」などと自覚したりします。収入の話になりますが、看護師という職業は、他と比べると、女性の仕事としては、けっこう良い給料をもらうことができます。特殊な、医療現場という場所での労働ですし、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当も確実に支給されるからです。誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、急な残業を断らず行なう等々、そんな看護師なら確実に給料は、体を張った分、相当高額に達しているでしょう。止まらない少子高齢化の影響。医療関係者も、ますます必要とされる可能性があります。それ故、現時点で看護師不足の状態なのですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、いまだに看護師不足が叫ばれているのは改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが原因として挙げられます。新しい看護師として、初めて病院で働くことになった際に、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれるところもある一方、人事担当者の考え次第で決められてしまうこともあるでしょう。病院側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、導き出された結果としての配属であるはずです。でももし、その配置に不満がやまないのなら指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。景気に関係なく求人が途切れることのない看護師は、転職が大変やりやすいといわれています。希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、次の段階、すなわち面接に進むことができます。ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど聞いてもらったり、質問を受けたりすることになるのですが、能力的なこと以外に、仕事仲間として適格な人材かどうか、人間性も調べられているのです。看護師としての能力に加えて、人としての良い部分も知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。看護師としての勤務は、他職種と比較して高いお給料をもらえます。そういったことが起因しているかは定かではありませんが、おしゃれな人が多くいるように感じられます。なのですが、多忙を極める仕事です。病院によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、お金を使う時間がなく貯まるばかりといったケースもよくあるみたいです。収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最高でしょう。医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば12時間交代の2交代制、8時間交代の3交代制によって誰もが夜勤を経験します。日勤と違って夜勤は医師や看護師など、人の数がかなり減り、そんな状態で夜間に容態が急変した重体患者が出たりなど、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、日勤のそれを上回ることになります。勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、案外、ある程度自由にできる面も無い訳ではありません。勤務表、つまりシフト次第ではありますが、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、園児や小学生などの母親をしながらであってもなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。しかし、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、きっと看護師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。ついでに言うと、看護師も他業種と同じように8時間勤務です。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている看護師は多いですし、増えてもいます。その際ですが、出戻ってこれるのかどうかは当の職場の求人事情や辞めた理由などにより、違ってくるでしょう。例として、結婚や引っ越しで辞職したり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで出戻ってくる人もよく見られます。こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。看護師の需要は高く、引く手あまたといっても良いほどであり、ですから、求人だってもちろん多いです。今いる職場において、そこでのハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、できれば給料とか労働条件だけではなくて、その職場が働いている人にどう評されているかといった、口コミなどがわかると良いでしょう。働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、慎重に行動してください。薬品についても身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、軽く考えない方が良いでしょう。また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、母体への負担が大きいあまりに、流産や早産になることも多いのです。ですから、必要十分な休憩をしっかりとって、なるべく安全な妊婦生活を送るようにしましょう。交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、基本的に土日は休みになります。変則的な出勤があったり、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、多くの場合は土日は休めるようになっているでしょう。病棟勤務の看護師として働いている者ですが、気になったことがあります。どうやら看護師は喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。タバコが有害という認識が広まったこともあって、少しずつ看護師の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、少しでも発散できるのなら、多少目をつぶった方が良さそう、と思いました。看護師の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。そしてまた、外来勤務では嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、人気のある診療科や医師のいるところでは多くの患者で待合室がいっぱいになり、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。看護師になろうと思ったきっかけは中学での職業体験でのことでした。介護施設に行ったのですが、そこの看護師さんに感銘を受けたのが事の始まりでした。将来、仕事を選ぶとき、こんな風に働きたいと感じたのが始まりで高校卒業後、看護学校を経て今は看護師です。確かにつらいこともあります。しかし、充実した日々を過ごしています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク