アカンソドラスとえんな

AGA(男性品種抜毛症)の医療目標やケアには、「和風スキン科学会」というところでまとめたAGA医療の指標においてジャンル組み込みされている場合がほとんどです。和風スキン科学会で定めた指標のジャンルに因ると、Aクラスに相当するのが「行なうみたい深く求められる医療目標、ケア」であり、Bクラスに相当するのが「行なうみたい求められる医療目標、ケア」となっています。

ちなみにC一段は「行うことを考慮しても良いが,十分な根拠がない医療目標、ケア」、C2クラスが「根拠がないので求められない医療目標、ケア」、そしてDクラスが「断ち切るみたい求められる医療目標、ケア」というふうに分類されてある。ここでは、Bクラスの「立ち向かうみたい求められる医療目標、ケア」について検証していきたいと思います。

AGA指標の中でBクラスに相当する医療目標の一環が、「自髪の毛植毛」だ。恐らくは社会的知名度という意味では全然上位に位置づけられる医療目標であると思われます。Bクラスにジャンルされているということは、それほど社会的にも認められているということを意味することになります。

では、なんでここまで有名になって、社会的ジャッジメントも一定以上のものがあるにもかかわらず、自髪の毛植毛が「Bクラス」にとどまってしまうのか、これについてはまだまだ不思議な気がします。いよいよ「自髪の毛」なのですから、基本的には「Aクラス」のフィナステリドやミノキシジルのような「反発」は考えられません。ですから、無事については本来であれば、Aクラスのケアよりもおっきいと考えてしまいがちだ。

しかし実際、自髪の毛植毛による差し障りがまるっきり弱いわけではないのです。ともかく自髪の毛植毛のシチュエーション、何とか自髪の毛ではあっても、「植毛」というある種の驚愕が加わることになり、その機能として、周辺の毛髪まで抜けてしまったなどという症例も頭数タイミング報告されていらっしゃる。

あるいは、植毛した近辺がほんの1~2か月の間に全員抜けてしまったなどという差し障りも報告されてある。ですから、反発とはまた別のリスクも何かと起こってしまう可能性があるという観点で、Aクラス入りが近頃見送られているというのが実際のところです。

とは言え、Aクラスの医療目標、ケアでも差し障りは起こりますので、自髪の毛植毛が「乏しい手立て」というわけではとってもありません。寧ろ、今後の能力の成育次第では、Aクラス入りを果たし、フィナステリドやミノキシジルによる医療以上のジャッジメントを受け取る可能性もあるのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク